ワタリガニの釣りのポイント|時期や季節、エサや仕掛けを紹介

*

ワタリガニ釣りの時期と季節は?

ワタリガニ釣りをしたい場合、時期と季節は重要です。
子供の頃に、カニを捕って遊んだことがある人は少なくありません。
最近は、ワタリガニ釣りを楽しむ人が増えています。
ワタリガニ釣りをする場合、網は自作することもできます。
しかし、初心者の場合、市販されているカニ用の網を購入した方が安心です。
カニには、ハサミがあるので、手にケガをしないように十分気を付ける必要があります。
ワタリガニは、食材としても有名で、小さいサイズのものは味噌汁に入れたり唐揚げにして食べる人が多いです。
大きなカニを釣りたい場合は、産卵の時期を目安にすれば、良い結果が出やすいです。
ワタリガニの産卵の季節は、春から夏です。
ですから、この時期に行くと、安定した結果が出る可能性が高いです。
秋から冬の季節は、春の産卵時期に備えるために、冬眠するカニも多いので、安定成果は出にくいと考えられています。
内湾の水深30m前後の浅瀬が狙い目です。
カニは、夜になると餌を探して活発に活動するため、カニ釣りは夜が基本となります。
春から夏にかけて、水温が温かい時期の夜を目安に釣行する人が多いです。
カニは、防波堤や、テトラ、岩場など幅広いエリアで釣れます。

1

ワタリガニ釣りをする場所とそのポイント

ワタリガニ釣りをするには一体どのような場所でどのようなポイントを狙えば良いのでしょうか?それはまず大前提として海底が砂地になっている所になります。
ワタリガニは基本的に日本全国の海岸に広く生息していますのでどこでも釣りは出来ますし、海に行けばそこら中にポイントがあるといっても良いくらいです。
ですが、ちゃんとやろうとすると釣る場所というのは結構限られてくるという事があります。
それはワタリガニがいるいないという場所の問題では無くカニ網という特殊な仕掛けを遠投してそれを引きずりながら釣るという独特の釣り方からそうなってしまうのです。
網を引きながら釣るという事はどうしても海底の岩などの障害物に仕掛けが引っかかってしまう「根がかり」が多くなってしまいますが、頻繁に根がかりしていたのでは話になりません。
ですのでワタリガニ釣りをする場所というのはどうしても底があまり荒れて無く、かつポイントとなると底が砂地であるという事が大事になります。
そうした事からか、ワタリガニ釣りをする場所として有名なのは日本海側よりも太平洋側、特に関東地方に多くあり、その中でも房総、常磐、湘南など海水浴場としても有名な砂浜で盛んに行われています。

2

使用するエサと仕掛け

ワタリガニは魚ではありませんので釣りで狙う場合には少々独特なエサと仕掛けを使います。
魚とは違いエサを喰わせて「口に釣り針をかける」という事が難しいからなのですが、ではワタリガニを狙う場合にはどういった仕掛けを使うのでしょうか?それは「カニ網」と呼ばれる小さ目の網を使うのです。
この網にエサとなるイカや魚の切り身を結び付け、寄って来たワタリガニを網に引っ掛けるというわけです。
仕掛けとしては投げ釣り用の重り負荷の高い丈夫なものにナイロン10号などの太目の道糸、道糸はナイロンでは無く遠投用のPEラインも良いですが、それに中通し、またはナス型の20~30号程度の重りをセットし先端にカニ網を付けるというシンプルなものになります。
重りが中通しの場合は直結スタイル、ナス型の場合はちょっとした片テンビンのような感じになり、これは特別どちらが良いというわけでも無く自分のやりやすい方で良いでしょう。
使用するエサはイカの切り身がポピュラーですが魚の切り身、特にサバやイワシなど青魚の切り身が匂いも強いので好んで使用されます。
イカは身持ちが良いのが特徴で、魚の切り身は匂いが強くよりアピール力が強いのが特徴となりますが身持ちがあまり良く無い、と一長一短になります。

3

参考サイトはこちら

ワタリガニ釣りを楽しむのも良いですが、釣りをせずにカニを手に入れて食べるというのも良いものです。
例えば、カニ通販の利用者はだいぶ多いのですが、これを利用することで、気軽にカニを食すことができます。
参考サイトを掲載しておきます。興味があれば見てみてください。